めっちゃぜいたくフルーツ青汁、もっと美味しく飲める割り方とは?

青汁独特の苦みがなく、ジュース感覚で飲めると人気急上昇中のダイエット商品のめっちゃぜいたくフルーツ青汁。

 

その効果の高さから多くの芸能人がダイエットに成功し、今では一般の女性も多くがチャレンジしています。

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁は通常は水で飲むだけで、それでもとても美味しいのですが、やはり毎日になると、どうしても飽きがきてしまいますよね。

 

ダイエットで一番大なのは続けることです。

 

ですが、飽きている味を毎日飲むのって辛いですし、ストレスが増えて、痩せてもすぐにリバウンドしてしまう可能性も。

 

しかし、めっちゃぜいたくフルーツ青汁の割り方は水だけではありません。

 

そこで、飽きずに毎日続けたい方必見、めっちゃぜいたくフルーツ青汁のおすすめの飲み方をご紹介します!

 

 

<牛乳で割るとまろやかさアップ!>

 

水で飲むより、牛乳で割ると飲みやすさが格段に上がります。

 

味はまるで抹茶ミルクのような味わいになり、女性好みの味に変化します。

 

ダイエット中は甘さがある飲み物は何となく敬遠しがちですが、これなら安心して飲めますね!

 

本当に飲みやすいので、お子様でもぐいぐい飲めてしまいます。

 

 

<カロリーをさらに抑えたいなら豆乳で>

 

牛乳で割っても美味しいのですが、牛乳は少しカロリーがあるので、何杯も飲んでしまうと、ダイエット効果は減ってしまいます。

 

豆乳で割ることで、カロリーを抑えるだけでなく、大豆イソフラボンが肌をキレイにしてくれるので、美容効果も期待できます。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするので、痩せたいけど、最近肌のツヤがなくなってきた、アンチエイジング効果もほしいという方は豆乳割りがおすすめです。

 

 

<ヨーグルト割りでおやつ感覚>

 

ヨーグルトで割ると、お腹も膨れるので、小腹がすいたけど、ダイエット中だし、でも空腹が続くとイライラ…

 

ヨーグルトでぜいたくフルーツ青汁を割って飲むと、腹持ちがよくなり、おやつ感覚で飲むことができます。

 

注意していただきたいのが、プレーンヨーグルト以外のヨーグルトは意外とカロリーが高いので、痩せ効果が下がってしまいますので、必ずプレーンヨーグルトで割ってください。

 

甘みはぜいたくフルーツ青汁にあるので、砂糖を入れる必要はありませんが、どうしても甘みが物足りないという方はスプーン小さじ1程度のハチミツならOKです。

 

 

<飲む点滴!美容と健康効果大の甘酒割り>

 

お酒はカロリーが高いので、ダイエット中はNG…と思い込んでいませんか?

 

甘酒は飲む点滴と言われており、美容と健康向上効果が非常に高いことから、一時ブームになりましたよね。

 

甘酒に入っている酒粕には、余分な脂肪を吸収してくれるレジスタントプロテインというタンパク質が入っているので、ダイエットの相乗効果が期待できます。

 

甘酒本来の甘みがあるので、甘さがなくて物足りないと感じることもないのもいいですね。

 

就寝前に飲むと体が温まり、血行促進され、代謝アップもされて、めっちゃぜいたくフルーツ青汁を甘酒で割ると美容から健康まで良いことづくめ。

 

ただし、甘酒は味が濃いので、甘酒の量は3分1程度に抑えておきましょう。

 

 

<便秘解消!バナナジュース割り>

 

バナナは食物繊維の量が豊富なので、便秘に悩んでいる方にぴったりの割り方です。

 

バナナの甘みがあるので、デザート感覚で飲めてしまうのもダイエット中には嬉しいですよね!

 

気を付けなければいけないのが、あまり冷たくして飲んでしまうと、消化器官に負担を与えてしまうので、バナナジュースは常温に近い温度に戻してから、めっちゃぜいたくフルーツ青汁と割って飲んでくださいね!

 

 

他にもご紹介しきれないほどのぜいたくフルーツ青汁の美味しい割り方はたくさんあります。

 

自分なりのアレンジ法を見つけて、めっちゃぜいたくフルーツ青汁でダイエットを成功させましょう!